FC2ブログ

[DFGT購入記念] A-Specでニュルブルクリンク24時間耐久 Final

決着つけに来たんだ
 間が空いてしまって申し訳ない。色々忙しくて中々記事を執筆する暇がなかった。
さて、宣言通り、今回が最終回である。
では早速行ってみよう。

(※11月28日 動画を追加しました。)
第三十スティント:アウトラップと、次の182周目、妙に調子が悪く、182周目に至っては前のTT-Rとの差を僅か3秒しか詰められなかった。(言うまでもないが、TT-Rに1スティントごとに50秒ハンデを与えている。)
しかし、そこから驚異的な集中力を発揮し、劣化しきったボロボロのマシンに鞭打ち、何と、この終盤に3周連続16秒台を記録。
182周目の遅れを取り返す。
しかし、無理が祟ってタイヤを酷使し過ぎ、インラップはタイヤがタレ過ぎて逆にペースが落ちて、結局追い付けず。最後は集中力を喪失したのも相成って、TT-Rとの差は11秒。
...努力した意味なし(TT)。
ニュル24時間 ピットイン30
とにかく186周目ピットイン。

第三十一スティント:残り時間から考えて、いよいよこのスティントがファイナルスティントである。
TT-Rとの差は8秒。
最後は2位のTT-Rを率いてフィニッシュしようと思い、ノーハンデで追いかけた。(万が一ミスって追いつけなかった。と言う最悪の事態を懸念したと言う事もある。)
すると案の定、アウトラップの187周目には追い付く。
抜いたらチギっちゃうので、後ろにビッタリ張り付いて走る。
最後に相手の後ろについて走ったのはM3妨害の為、二十九スティントで、ついこないだだが、あの時はひたすら妨害を繰り返しただけなので相手のラインなど見ていない。
そう言う意味では、今回の様に本当の意味で後ろについて走ったのはピットイン妨害にアホみたいに執着していた九スティント以来だろうか。
あの時はAIのラインは思いの外優れており、AIも馬鹿にしたもんではない。と、意外な事実が判明し、新鮮な気持ちになれたもんだが、あれが分かった時など今となっては遠い昔。AIのラインなんてもうすっかり忘れてるが、終了間際になって見れて良かった。
さて、あとは延々TT-Rと連なって走る。188周目途中MR-Sを8周遅れにした。
そうこうしている間に191周目に入った直後、ついに経過時間が24時間を超えた! いよいよファイナルラップである!!
ファイナルラップに入っても私はTT-Rを抜かない。そう、抜くとしたらあそこしかないっ!
私は一体どこで抜いたのか。それはこの動画で確かめよ!

さて、動画を観て貰えば分かるが、最後は焦った。
TT-Rは何を思ったか、スウェーデン十字路直後の低速S字で捨て身タックルを仕掛けた来たのだ!!
向こうは勢い余って自爆し、こっちは何とかことなきを得たが、あれには一瞬心臓が止まるかと言う思いだった。
ニュル24時間、全く本当に最後の最後までハラハラさせてくれる。
さて、とにもかくにもついにニュル24時間完走!!
フィニッシュ後の画面を感動の記念撮影。
ニュル24時間 リザルト
私:24:07:04:660、TT-R:24:07:05:623。ハンデあげたりして遊んでいたためとは言え、周回遅れではなく、同一周回でこの差というのはちょっと危なかったかも(笑)。

とにかくFGTも自力でゲット!
自力でFGTゲット!
色は格好良いシルバーアローであった。

そしてニュル24時間共に走り切った愛機の勇士もパシャリ。
24時間を共に戦った愛機
走行距離3841km。すごい距離だ。

さて、最後にニュル24時間をやり終えた感想を述べさせて貰うと、いきなり申し訳ないが、正直やって後悔した。
DFGT購入記念と言う安易な動機でやったのがいけなかった。
DFGTは素晴らしいが、正直そのフィーリングはGTF proと大差なく、GTF proと比較した場合の劇的な変化と言う感じのものがなく、やってしばらくしたらすぐ飽きてしまった。
結果として、膨大に残り時間の残ったニュル24時間だけが残された。
しかし飽きたからと言って止める訳にはいかない。
と思い、なんとか楽しみを見出してやっていたのだが、そこで突如発生してしまったのが例のテレビ故障であった。
これをきっかけに進める事が習慣化して、なんだかんだで順調に進みつつあったニュル24時間のプレイがばったりと途絶えてしまった。
最初は「さっさとTV直して、ゲーム進めて、ブログ更新しなくちゃ。」とか、「PS2をつけっぱなしにしてちゃいけない。」などなど"ちゃんとやろう"と言う意識があったのだが、忙しい毎日にかまけ、なかなかテレビが直せない。
テレビが直らなきゃゲームは進められない。(最初の時点では音が出ないだけだったので、本当は進めようと思ったら進められたのだが、音が出ないと思うとどうしてもやる気が出なかった。)
その内、やらない事にもPS2をつけっぱなしにする事にも慣れてしまい、結果として二ヶ月以上放置。
しかし、ブログに書いて皆さんも御存じの通り、ニュル24時間を放置している間も実にいろいろな事があった。(無論ニュル24時間をやっていた間も。)当然、ブログに書いている以外のことでも様々な事があった。
その間、もうやらない事に慣れてしまってもやはり、なお"ニュル24時間、やんなくちゃな。"と言う思いが頭の片隅に常にあり、何をするにも微妙な後ろめたさを感じながら毎日を過ごしていたのであった。
「このままじゃまずい!」とふと思い立ち、丁度一月前、ようやっ
と重い腰を上げ、今に至った訳であるが、いざ再開するとなると、すっかり消失してしまったやる気や、継続的に続けようと思うモチベーションを取り返すのが想像異常に大変で、辛かった。
やり終えた今となっては、「やり終えた!!」と言う達成感よりも、「やっと終わった..。」と言う肩の荷が降りた安堵の意の方が強い。
さて、最後に無事ニュル24時間を走り切り、私が見出した結論は、「今の私はニュル24時間にうつつを抜かせられるほど暇でない。」と言う事だ。
では後、これから24時間耐久レースをやろうとしている人に一つアドバイスすると(まあいないと思うが...。)、
「"やりきるんだ!!!"と言う強い決意がなければやるな! 生半可な気持ちで安易に始めたら絶対後悔するぞ!! あとどんな事があっても途中で放置したらいけない! よけい完走するのが辛くなるぞ!!!」
だけどなんだかんだ言っても、やり切った感動はひとしお。
途中色々あったが、やっぱ終わった瞬間は感動だ。並のレースを制覇した
程度では味わえないこの達成感は一生物だ。
そう考えると、思い出づくりに一回位やって見ても良いかもしれない。

本当に色々あったが、何とか完走し切った私。
今度は一体何に挑戦するのか!? 私の今後の活躍に乞うご期待!!





(...やっぱあんま期待しないで(笑)。)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイヤチェーン

明日の話題は、コレでいこう……******人気ジャンルのNo.1を ナナメ読み♪できる情報******従来のタイヤワックスやコーティングにはなかった…光沢感と耐久性!お好みに合わせて選べる3種..... ■タイヤのAUTOWAY■販売数45,900本突破!レビュー総数18200件突破!WANL......

コメントの投稿

非公開コメント

ニュルブルクリンク24時間耐久完走おめでとうございます。

俺は一月半ほど前にGT4を購入しまして「うわなにこのクオリティ!」と衝撃を受け、以来会う人会う人に「グランドツーリスト4ってしたことある? すごいんだぜ、あれ」という布教活動に励んでいるという人です。
リプレイのDIVEモードのカメラワークが曲の展開と同期していることに気付いて興奮したりしております。

先日GT5が発売されたこともあり、世間の話題はそちらばかり。
俺のこの興奮を分かち合える人に巡り会いたい、そう思いネットの海を漂ってみてもGT4のことを書かれたログは何年も昔のものばかり。
むう、つまらん、そう思っていた折りにふとこのブログに流れ着きました。
見れば夏の盛りに始められた企画がついに終了したところだとか。
そのようなところに偶然巡り会わせることができたことになにか不思議な感慨があります。

その間PS2が稼動しっぱなしだったとか。
すごいスねw
その間ほかのゲームとかどうしてたんですか?
しかしそれはPS2にとっても耐久レースだったですねw
完走できて本当によかったと思いますw


しかしニュルはホントに面白いですね。
サーキットっていうより「そこいらの峠道」ってカンジなのが実にいい。
GT4サイコー!

それでは今後ともブログ執筆頑張って下さい。
また見にきますね。

コメント誠にありがとうございます

おお!!
 ブログを始めて1年経とうとしていますが、コメントという具体的な形で読者からの反応が返って来たのは本当に久しぶりです。(左の"最近のコメント"欄を見ていただけたら分かると思いますが(笑)。)
おまけにGT4を求めて来て下さるとは!
コメントも拍手もほとんどなく、「本当に読者さんがいるのか。」と何度となく思い悩み、「ブログやっている意味あるの?」などと知人から馬鹿にされても、本当に僅かづつながら、訪問者カウンターが回っているのだけを励みに細々と運営を続けて早1年。ようやく私の求めるような読者が現れてくれて感動です(TT)。
...いや、こんな悲哀感を装いたいわけではないんですよ(笑)。
 さて、確かにGT4は素晴らしいゲームですよね。
私も購入当初は感動し通しだった事を覚えています。
とりわけ私も感動したのがリプレイの素晴らしさ。
GTのリプレイのこだわりは初代からですが、これだけリプレイにこだわったレースゲーを私は見た事がありません。
ポリフェニーさんの車への愛と、こだわりを感じますね。
それと私がやるのももっぱらほとんどニュルだけです。
とにかくニュルは数え切れないほど走りました。もう2000周位しているんじゃないでしょうか(爆)。
確か全部で127コーナーですが、とにかくコースの隅々、全てのコーナーにあるシミまで記憶し尽くしている位な感じです。文太じゃないですけど(笑)。
無論その後レースゲーも含め、色々ゲームは買いましたが、これだけやりつくしたゲームもないですし、これだけやってもやっても新しい発見がある奥の深いゲームは後にも先にも見た事がありません。
GT4でこれですから、GT5などはもう10年位遊び通せるかもしれません(爆)。
無論私も早くGT5欲しいですが、私はPS3を持っていないので一緒に買わなくてはなりません。しかしそんなお金がありません(TT)。
なので買うのはもうしばらく先になりそうです。と言う訳でまだまだGT4やっていきますよ( ゜∀ ゜)!!
それに私は多分GT5を買ったとしてもまたGT4はやると思います。
ブログにはGT4以外にはGT2しか登場していませんが、私は初代GT、GT3も持っていて、これも思い出したようにたまにやっていますから。
GTシリーズはそのソフトそのソフトに独特の雰囲気があって、その続編を購入した後も前の作品がまたやりたくなるのです。
その作品にしか出ていない車やコースなどもありますし。
 さて、久々のコメントが嬉しすぎて、すさまじい長文になってしまいました(^ ^;)。
まあとにかく、一緒にGT4を楽しんでくれる仲間が出来たのは誠に嬉しい限りです。これからも私のブログを読んで下さったら幸いです。
プロフィール

Kinnan

Author:Kinnan
基本的に車と写真が好きです。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード