スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 秋季アニメ考察

 前回の考察の時に今期は観たいアニメが少ないために考察は出来そうにないと書いたが、何とか4本は観れるアニメを見つけたので今までよりは少なめになってしまうが考察記事を執筆しておくことにする。
※考察中の用語についてはこちらを参照
・リトルバスターズ~refrain~:以前放映されたリトルバスターズアニメの続きの物語となる第二期。
今期は放映されるアニメがバトル物に偏っており不作とされていたため、この作品が唯一人気ゲームのアニメ化作品というビックタイトルであったために「今期はリトバスしか観るものがない」という声が挙がるほどに期待度は高かった。
私自身も同じ風に思っており、今期はリトバスの一人勝ち状態になると思っていた。
 だが、蓋を開けてみればこの作品の人気ランキングは圏外で、誰も話題に出す者がいないという散々たる状況になっている。
 なぜか。
アニメの出来は悪くない。
むしろ作画は一期の時よりも向上しており、原作再現度も申し分なく、極めて完成度の高いアニメになっている。
にも関わらず振るわないのは恐らく「今期ノーマークだったアニメの中で思ったよりも面白い作品がたくさんあった」ということと「リトルバスターズはもう飽きた」ということなのではないだろうか。
 なんというかとても贅沢な話なのだが、あまりにも優秀に手賢くまとまっていて予想を裏切ってくれる驚きというようなものを感じないのである。
観なくてもなんとなくこの先の展開を予測できてしまうので、わざわざ観なくてもいいと思ってしまうのだ。
あるいはそのような性質の作品ゆえに観てはいるがあえて話題に出すまでもないと思っている隠れ視聴者が大量にいる可能性もある。
 ただ、重ね重ね言うがノベルゲー原作アニメとしては改心の出来である。
この作品は本当のファンを楽しませるために徹底的に作りこむことに重点を置き、話題性などを犠牲にするという職人的なマニアックな方向に走ったのかもしれない。
それならば、むしろその姿勢には賞賛の言葉を送るべきなのではないだろうか。

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している:タイトルからも推察してもらえるように、「内容に関しては深く考えずに、とにかくキャラのかわいさを全力で楽しむ」タイプのアニメである。
だが全力で突っ走り続ける展開のスピード感とテンポの良さはなぜかくせになり、とても楽しませてくれる。
かつて放送されていた「妹だけど愛さえあれば関係ないよね!」を髣髴とさせる。(とんでもないようなタイトルばかりで作品名を挙げるだけで恥ずかしい限りであるがそういう類の1ジャンルという理解をしてもらうということでご容赦いただきたい。)
 私は元来とても頭の固い人間なので、たまに頭を使わずにこういう作品を見ることは頭にとってのマッサージ効果があると思っているので下らないと切り捨てずに積極的に観ることにしているのである。

のんのんびより:本州のとある田舎の学校に通う3人の少女と1人の少年、そして東京から越してきたという1人の少女の日常を描く物語。(田舎なので小中一緒である。)
内容は田舎を舞台にした日常物と言えるような物で前回きんいろモザイクを楽しんでいた層がほぼそのままこの作品に流れてきたという感じで今期トップクラスの人気を博している。
ただ、現在地方の村の過疎化は深刻な社会問題となっており、このアニメを楽しんでいいものかという一抹の疑問はぬぐいきれない。
言うまでもなくこの作品は東京で作られている。そう思って改めてこの作品を観ると、そういった社会問題を棚に上げ、ただただ都会人が「田舎っていいなあ」と言いながら作ったという印象を受ける。
 そういえば以前ある有名なアニメーターが、当時話題となっていたアニメ映画「サマーウォーズ」を筆頭に上げ、「最近のアニメは真夏を舞台にしているはずなのに、登場人物が全く汗をかいていない。」という点に疑念を抱き、指摘したことがあった。
その人はそのような事態になっている理由を「今のアニメスタッフは生まれたときから真夏はクーラーの効いた快適な室内で育っているために夏の暑さで汗だくになった経験がないのではないか」と皮肉混じりに話していた。
言われてみればたしかにサマーウォーズ始めアニメで夏の描写にもかかわらず汗をかいていないという作品は非常に多い。そしてこの「のんのんびより」もである。
 この作品に対して私が上記のような疑念を抱いてしまうのは、そういった細かい演出に詰めの甘さを感じてしまうからかもしれない。

・弱虫ペダル:アニメオタクでスポーツとは縁のない気弱な高校生の少年である主人公が自分の中の内なる自転車の才能を見つけだしロードレースの世界に飛び込んでいく物語。
要するに自転車競技をテーマとしたスポ根もので、私の好きな自転車テーマということもあり比較的期待しつつ視聴し始めたのだが、話が進むにつれて微妙な疑問符が浮かび上がる作品となっている。
 まず、これまでの展開を端的に説明すると、最初に言った通り主人公は自転車を漕ぐことに対する非凡さを徐々に露呈させていくものの、主人公の自転車(ママチャリ)の性能の限界を感じロードバイクに乗り換えたという話なのだが、最初に見せた主人公の非凡さが余りにも目覚ましすぎて話が繋がってこないのである。
 具体的に言うと主人公はまず最初20%の激坂をママチャリで鼻歌混じりにロードバイクと互角に登って見せ、その後原付と並走して走り、終いには(信号のある市街地ではあったが)スポーツカーをママチャリで追い抜いてしまうのである。
その後彼は「自分の可能性を試してみたい」という思いから自転車競技部に入部するのだが、その途端に他の部員のロードバイクにママチャリでちぎられてしまうのである。(しかも前の話で主人公が互角に渡り合ったロード乗りよりも格下の実力の相手にも)
自転車好きな私でさえ「どういうことなの...」という思いを禁じ得ない。
 こういう作品は作品を盛り上げるために多少の誇張はあって然るべきだが、過大な誇張はリアリティを損なわせる。
 思えばこの作品は「頭文字D」を彷彿とさせる始まり方である。作者はほぼ確実に同作を読んでいると推察される。
頭文字Dも何だかんだで誇張とファンタジーのオンパレードであったが不思議の楽しんで見ることができた。
それは恐らく作品のテーマが「峠バトル」という、ほとんどの人間は経験したこともない異次元の世界の物語であったからだろう。
あり得ない設定や展開も、「常人は及びもつかないレベルに到達した者同士の戦いでは起こりうるかもしれない」という奇妙な脳内補正がかかるのである。
 では、自転車ではどうであろう。
ロードレースは、ダウンヒルでは80km/h以上、平地では基本的に50km/h前後の世界である。
無論私たちにとっても身近なママチャリからは想像もできない世界であることは間違いないが、車であれば少し強めにアクセルを踏み込めば容易に到達するような速度であり、そちらの尺度で指し測れば決して想像することは難しくない。
この世界観の中で現実とあまりにかけ離れたものを立て続けに見せられたらそれは興醒めするというものだ。
 以上の経緯から、私はこの作品に抱いた期待を多少削がれる結果に至った。
この後は終始ロードレースの世界が描かれることとなることが予想されるが、それを見るたび「今のこの戦いはどのスピード次元の話だろう」ということが気になって作品に没入できないかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 2013 秋期アニメ 考察 リトバス のうコメ のんのんびより 弱ペダ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きんなんさん
カッコイイです!

No title

此れが最新記事?
プロフィール

Kinnan

Author:Kinnan
基本的に車と写真が好きです。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。