FC2ブログ

キーボードのアームレストを買ってみた

 キーボードをメカニカルキーボードの「Progress Touch」に買い換えて早くも3週間近く経つ。
当初は感動していた剛性感のあるしっかりとしたキータッチにも小気味よい打鍵音にも慣れてきつつあり、日々の生活に馴染みつつある。

 だが私は購入後しばらくの間この素晴らしいキーボードの性能を引き出せずにいた。
どういう意味かというのは言葉で伝えるより写真で見てもらえば一目瞭然だと思うので、こちらを見ていただきたい。
IMG_20181008_223003925.jpg 
 これを見ても「は?」という感じだと思われるので補足で説明しよう。
これは「手作り漫画本リストレスト(手首置き)」である。

 メカニカルキーボードはその構造上普通のキーボードよりかなりの厚みがある。
今どきのスタイリッシュなアイソレーションキーボードなどとは比べるまでもない。
なので普通に机にキーボードを置いただけで使用すると、机とキーの落差で手首に大きな角度がついてしまい、大きな負担がかかる。
このような状態で使っていては普通のキーボードよりも手への負担が少なく打鍵できるメカニカルキーボードもかたなしである。

 ということを、ちょっと自分で使って痛感したので、キーボードを注文した直後にリストレストを調べてみた。
結果、自分の購入したキーボードを作っているアーキスから純正品のリストレストが出ていた。
これとProgress Touchを並べて使えば使用感も見た目の統一感も文句のつけようがないはず!とこれに即決した。

 とここまでは良かったのだが、肝心のリストレストが待てど暮せど来ない。
画像の漫画本リストレストは注文したリストレストが届かないので仕方なく急場しのぎで自作したものだ。
Amazon上で表示されていた「この日までに配達します」と案内していた日を過ぎても一向に届く気配がなかったので問い合わせたところ、「在庫が見つからないので配達できない状況です」という返信が。
このAmazonの対応の悪さには閉口した。在庫がないならその事実がわかった時点で連絡してくれればこちらも対応がとれたものを、Amazon側は「この日までに配達します」という案内を表示し続けていたのだった。

 一応Amazonとはお詫びの言葉と300円分のクーポンをもらったが、待って失った日々は帰ってこない。
しょうがないので別の通販サイトで購入できる場所を探すと、楽天でも販売されていた。Amazonより若干高いが背に腹は代えられぬ。ていうか元々アホみたいに安い(1000円前後)ので、数百円の差なんてあまり気にならない。

 で、今度は無事に届いた。しかも注文した翌日に。
あまりにもあっさり入手できすぎてAmazonを信用して待っていた日々の腹立たしさが増す結果になった。
まあ気を取り直そう。兎にも角にも純正品のリストレストを入手することができた。
早速然るべき場所に配置してみよう。
IMG_20181015_215629359.jpg 
おおカッコいい!
Progress Touchとの見た目の統一感、ついでに傍らに置かれたMX Ergoの存在感も相成って「仕事できる人のデスク感」が漂っている(気がする)。

 肝心の使用感だが、これも素晴らしい。
高さはバッチリでキーボードと手首の位置が横一線に繋がり、さすがは純正品というところ。
高さだけに限れば繋ぎで使っていた漫画リストレストも悪くなかったが、漫画の場合表紙のカバーに手が貼り付いて手を動かす度にずれてしまい、そこがストレスとなっていたのだが、純正品では当然そんなことはなし。

 材質はポリウレタン性で、程よい弾力があるもののクッション性などはなく、「手首を置く板」という感じ。
だが余計なクッション性や飾りっ気が好きではない私からするとこの素っ気なさは逆に好み。
「道具本来の機能以外はいらない」という質実剛健さはキーボード本体と通じるものがあり自分の中でのこのメーカーの好感度も上昇した。

 ただ一方で素っ気なさすぎる気もする。
本体はポリウレタンの板に、手首を置く表面だけに布を貼ってあるだけの構造。
IMG_20181015_215736748.jpg 
正直めっちゃ自作できそうな上に長期間使用すると摩耗して端から布が剥がれてきそうな気配が購入直後からビンビンである。
まあ良くも悪くも安物なのでこれがボロボロになってきたら自作してみようと思う。

 最後少し難点を挙げてしまったが、ともかくこれでタイピング時の快適性を大幅に向上させることができた。
やっとProgress Touchの本来の性能を発揮できる環境が整ったので、これからも快適なタイピングを楽しんでいこうと思う。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 日記 ARCHISS Prgress Touch メカニカルキーボード リストレスト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kinnan

Author:Kinnan
基本的に車と写真が好きです。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード